園長からのメッセージ

天使のようだった幼な子は、幼稚園生活を送るなかで、人としての本格的な成長をはじめます。
この時期の2年ないし3年の成長は、からだ、こころ、知恵、すべての点で質的量的に驚くべきものがあります。

子どもが本来もっている、この伸びようとする芽をまっすぐ育むのが幼稚園教育です。それにはまず、年齢にふさわしい丈夫なからだをつくることが基礎となります。知識の吸収力も、こころの優しさや強さも、体力とのバランスの上に成り立つものなのです。昭和幼稚園の5つの目標は、そのことを考えてつくられており、同年齢の子どもたちが集って、なかよくゴールをめざします。

「昭和学園」では、幼稚部から大学院までの一貫教育を生かして、園児なりの豊かで多彩な経験をもたせており、とくに初等部とは密接な連携を保っています。お子さまの一生の出発点となる大切な時期、ご父母のみなさまと足並みをそろえ、「すべては子どもたちのために」をモットーに力を尽くしたいと思います。


ページの先頭へ